読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生かっぽ —佐藤大地ブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。大学院では政治学を研究していました。

上半期の画像整理?「Googleフォト」なら無料で画像フォルダを空にできるし振り返りやすいんです

アプリ

上半期も終わったことだし
スマホタブレットにある撮りためた画像を振り返ってアップロードしませんか?


だいたいスマホタブレットを使い続けて要領で悩み始めるのがこれです。

画像。

これがやっかい。
どんどんたまっていく。
これが思い出だから余計にやっかいです。
お掃除しづらい。残しちゃう。


ってことで、そんなやっかいな画像は
そのまま無料でアップロードして、
写真フォルダはすっからかんにしてしまいましょう。

Googleフォト』で


Googleフォト

Googleフォト

開発元:Google, Inc.
無料

posted with アプリーチ



しかもこれ、アルバム的に振り返ることもやりやすいんです。
====


ぼくはアプリが出てからずっと愛用しています。

これで画像の心配から解放されてます。



使い方は簡単で、
Googleアカウントさえあれば
アプリを落として、起動して、指示に従って、ほいほいほい、と
じぶんの画像フォルダが同期してアップロードが始まります。


基本的に、画質をもとの画質ではなく、Googleが指定する「高品質」の画像でよければ、容量は使いたい放題。

IMG_4120


容量をめっちゃ食う動画まで保存できます。
(画像中の▶︎マークが付いているのが動画)

IMG_4121



ただし、難点が。

アップロードするのになかなかに時間がかかるわけです。

アプリ終了させると同期が止まってしまうから
一番最初、何百枚、何千枚もあげる人は
時間かかるし、通信量を使うと思うので
WiFiにつないだり、時間があるとき、たとえば夜寝る前とか、
そういうときにやったほうが良いと思います。
ぼくも最初はそれでやりました。


そこだけ注意すれば、もう規定のサイズで保存するなら
容量は無制限だし、「花」「空」とか画像検索かけられちゃうので
もう願ったり叶ったりです。


さて、そんなGoogleフォトでぼくが一番のお気に入りなのはこの機能。

スライダー

IMG_4118

スクロールするときのカレンダースライダー
ぼくは画像をアルバムみたいに見返して、
数ヶ月間をふり返ってこれからのことを考えるなんてことを
1週間、1ヶ月、6ヶ月くらいのペースでやるんですがそのときに、スライダーは嬉しい。
iOSのアルバムじゃ、スライダーはないので。

さささーって見たい日付を確認できる。


なので、この上半期を振り返るときも、このスライダーはめっちゃ愛用させてもらいました。


あとは余談ですが
ぼくみたいなブログ書きだと画像がどこからでもアクセスできるところ。
今までは画像を使うときはその都度AirDropとか使って画像ごとに同期していたのですが
これでもう心配なしです。
毎晩夜寝る前に同期するようにしているので。
PC、タブレット、モバイル、どこからでもアクセスできます。


しかも、はてなブログならサイドバーからGoogleフォト貼れる設定もできるので嬉しい。

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B%E7%B7%A8%E9%9B%86%20-%20%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0


***

Googleフォトを使って、上半期たまりにたまった画像をふりかえりつつ、すっきり。



Googleフォト

Googleフォト

開発元:Google, Inc.
無料

posted with アプリーチ



人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ

結婚2年目の夫婦が過去を見返していく企画に、今あることの大切さを実感する

家族 恋愛 結婚

こういう感動ものの動画って実はけっこう苦手なんですよね。


けど、現在の尊さを見つけるために、過去をさかのぼることがどれだけ大切か教えてもらった動画です。

====





ぼくが今回観た動画は
株式会社アトレの「MERRY BIRTHDAY(メリー・バースデー)」内の
スペシャルコンテンツ企画「クリエイターズギフト」
放送作家の鈴木おさむ氏をプロデューサーとして迎えた第一弾。




MERRY BIRTHDAYのサイトはこちら


今回の依頼者はこんなひと

妻は婚前、難病指定の病気に罹ったものの、治療ではなくリハビリによって奇跡的に症状が回復。但し、再発を繰り返し寛解は困難とされている病気であることから発症から10年経った現在も月に一度の検診は欠かせず、自身では再発の不安に駆られているのではないかと夫は推察。

そんな不安を抱える妻と結婚したことで、元々やりたかった介護職への転職を考えるように。製造業に携わっていた夫は、いつかもし妻の病気が再発してしまった際に、自分に介護経験があれば家庭でも妻の面倒を見られるのではないかと考え、働いていた会社を退職。無収入を覚悟で介護士の資格を取り、念願の転職。無収入の際、子どもがいながらも何も言わず応援し、働いて支えてくれていた妻。そんな妻に、今まで伝えていなかった気持ちを伝え、ずっと側にいるから何も心配しなくていいと伝えたいと、長時間にわたる会議の中で見えてきた妻への気持ちをサプライズに据えることを決定

誕生日サプライズを鈴木おさむ氏がプロデュース!?世界初の誕生日専用ポータルサービス「MERRY BIRTHDAY」のクリエイターズギフト企画 第一弾は大成功!!|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

そんな依頼者の話を聞いて、プロデューサーの鈴木おさむさんはこんなサプライズムービーを考案


http://merrybirthday.net/wp-content/uploads/2015/08/osamu03.jpg


路子さんの35年間の人生を振り返り、生きてきた人生の中で出会った人、影響を受けた人、感謝している人など、多くの人との出会いを繋げていくことに。

クリエイターズギフト#鈴木おさむ 「妻へ贈る、世界に1つだけのバースデー試写会。」 | 誕生日ポータルMERRY BIRTHDAYメリーバースデー




いよいよ本番

スタートは2014年11月のハワイへの旅行から始まり

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC


そこからどんどん過去へ、過去へとさかのぼります。



%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC


%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC


%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC





そして


%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC

%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%EF%BC%83%E9%88%B4%E6%9C%A8%E3%81%8A%E3%81%95%E3%82%80%20%E3%80%8C%E5%A6%BB%E3%81%B8%E8%B4%88%E3%82%8B%E3%80%81%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%EF%BC%91%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC%E8%A9%A6%E5%86%99%E4%BC%9A%E3%80%82%E3%80%8D%20%7C%20%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%ABMERRY%20BIRTHDAY%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%83%BC


誕生


その後、家族が登場。
企画者の奥さん 路子さんに言葉を届ける。




過去をさかのぼることが現在を見直す


i.001


さかのぼることで、ぼくらは、
あの瞬間に何を思って、何を選んできたのかということを思い出します。
そして、今どうしてここにいるかもう一度感じ取ることができます。


過去の効果は今までも人生かっぽで書いてきました。
(ちょうど今週ははてなブログ今週のお題「一番古い記憶」)

「一回、恋人との今までのアルバム全部見返して。 それで別れたいのならば、別れればいいよ」

なぜ別れようとする人に、ぼくは「一度アルバム見返して」と提案するのか - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ



いま目の前のことだけ見ていると、
どうしても現在ばかりが見えて、
「あれがない」「これがない」「あれが不満」
そういうふうに無いことばかりが見える。


何かを得るために選んできた未来が、現在だったはずなのに
いざ現在に立っていると、そこは何もないように見えて、
なんだか味気ないように見える。

けれど過去をふりかえると、
意外とじぶんはたくさんのことを選んできて、
そうだ、あのとき、あんなふうに思って、あんなことに苦しんで、
けどこんなことが支えになって、あのひとが助けてくれて
それでも、いまここにいることを望んで歩んできたんだ
そんなふうに思い直すことができる。


たしかに過去にどっぷり浸かりすぎてもいけない。

それはたとえば
掃除のときにアルバムを見返して浸り続けてしまうように
心地の良い過去から前に動き出せなくて、
未来は否応なしに迫って、過ぎ去って、
どんどん辛くなったり虚無感を感じたりする。


けど、たまに過去をふりかえると、
「どうして今ここにいるのか」
その意味にもう一度気づいて
今日という1日はちょっとだけ力強くなる。


今ここにいること、そしてあることが、どれだけすごいことか気づいて、
そしてそこに至るまでに、きちんとじぶんは選びとってきたんだということが伝わって来る。


それが過去へとさかのぼる力。



そんなことを、この動画で思い出すことができました。



人間は忘れやすい生き物だから、どっかでだれかに思い出させてほしいなあ。
50年後のアルバムや動画が届いたりして。


人生を、かっぽしよう

この記事を読んだらこちらも気に入っていただけるはず
スポンサードリンク



紹介します。厳選本51冊で僕の大学生活6年間を振り返る - 人生かっぽ —佐藤大地ブログ

行き詰まったときは自転車のカゴの中のこの虫と同じ

エッセイ

先日の夜のこと。
1日の予定をすべて終えて、自転車に乗って帰ろうとしていたときのこと。

自転車のカギを開けて、ふっとカゴの中を見ると、虫がいる。


IMG_4101

続きを読む