人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

哲学、言葉、人生観、仕事、恋愛、など人生をかっぽするような物語をつむぎます。宮城県 仙台市を主な活動拠点とする佐藤大地のブログです。2014年からEvernote公式アンバサダー。政治学を研究する現役大学院生です。

大切な人へのイライラから解放されるには「期待感」をぶん投げる

どうでもいい人にイライラするなら、まだ割り切れる。
けど、好きな人にこそイライラしてしまうのってのはどうしてなんでしょうね。


実はこれ、別にマンネリとかじゃなくて逆なんだそうで。
「好きだから」「大切な時間を過ごしてきたから」こそ出る期待感なんです。


けどそこから出る期待感、あえて「そりゃ!」ってぶん投げたほうが良いみたいです。

バズサーチ
バズサーチ / Norio.NAKAYAMA

続きを読む

別れを引きずりダメになる彼女。救ったのはバイトの先輩がかけてくれた一言

フラれたショックから彼女は立ち上がれないでいた。
休みたい。ちょっと自分を休ませよう。


4ヶ月と、ちょっと。
付き合った時間こそ短い。
けど、彼女が想っていた時間は彼のそれよりずっと長かった。
2年近い片想い。
それがやっと実った恋だった。
それが一瞬にして崩れ落ちた。


「やっぱ無理だった。友達に戻らない?」
無理って何なの。友達、戻れるの。どうしたらいいの。


彼女は大学を休むようになった。ズル休みなんてしたことのないコンビニのバイトも仮病で初めて休んだ。
フラれたショックで休みますなんて、言えるわけない。


waste_paper_bin_hires


自分が抱えていた予定を全部放り投げて、好きなくらいごろごろして、好きなカフェに行って息抜きをしてみた。
けど、いつまでたっても重たい気持ちが自分の底のほうにたまっている感じで、あとはため息しか出ない。


結局気が乗らずに、バイトも大学も二日続けて休んだ。
もちろん、仮病で。


そういうときに、バイトの女性の先輩から個別にメッセージが来た。
頼りにしている先輩だった。
「どした?大丈夫? 大丈夫じゃないか」
先輩はなんとなく自分が仮病で休んでいることを気づいているようだった。
「そこそこに大丈夫じゃないかもしれないです」
と送り返す。誰にも言えないでいた彼とのことを、そこで初めて話した。
ずっと好きだった人と付き合ったけど、結局すぐにフラれてしまったこと。


そこまで全部送った時、先輩は
「バイト、辛いかもしれないけど、今は逆にアホみたいにたくさん入りな」
と連絡が来た。


「アホみたいに入れるんですか……?」
と送り返すと
「考えても、忘れられないんだ、そういうとき。気分重たくなるだけだから。
 向きあえる時になるまで、違うことで頭いっぱいにして身体を動かしてみるといいよ。
 わたしも、そういうときあったから」


「わたしもそういうときあった」という言葉に自分だけじゃなかった、と安心をもらう
「できるだけわたしも一緒にシフト入るようにするから」
先輩のその言葉に背中を押されて、アホみたいにシフトを入れるようにした。
向き合えるようになるまで。
そしてその先輩の一言が、彼女のその後にとって大きかった。


Lawson
Lawson / snogglethorpe



そこからは、本当にアホみたいに働いた。
大学はまだ行こうとは思えなかったけど、バイトは先輩がシフトをほとんどかぶせてくれて、週5くらい働いた。
働いているうちに、働くことに一生懸命になって、終わったら疲れすぎて、眠い。
「はい、これ食って寝ろ!」と先輩がおごってくれた食べきれないくらい惣菜を食べる。
ちょっと悲しくて、ベッドで泣く。けど疲れて、寝てる。
次の日が、来る。



「今日終わったら、軽く飲み行こっか」
バイト中に先輩がそう話しかけてきたのは、働きづめて一週間ほどたったとき。
大学も行くようになっていた。


「前の恋のことは、どう?」
飲みに行った時に先輩がそう言って、久しぶりにそのことについてしっかり言葉にして話す。
12月の頭に別れた。
それまでどこに行って、何を食べて、どんなことを言ってもらって。
そもそも彼のどういうところが好きだったか、どれだけ好きだったか。
それが、ダメになってどうして良いか分からなくなったこと。


「悲しかったよね」


黙って聞いていた先輩のそのポツリと投げかけられた一言に、
誰にもわかってもらえないと思っていた気持ちがわかってもらえた気がして、涙がどっとあふれてしまった。
飲み屋で嗚咽(おえつ)が出しながら笑ってしまうほど泣いた。



これから楽しいことばかり待っていると思っていた。
このイベントはどうやって過ごそう、どこに行こう、何を買おう、
そんなことで盛り上がっていたのが自分だけだったような気がして、
相手はそんなこと全然楽しくなかったのだと思い知らされて、
ただ、ただ、悲しかった。



「よし、クリスマスは二人でシフト入ろう。
 で、終わったら二人でまた飲みに行こう」
と先輩は彼女に言った。
今度は嬉しくて、泣く。
恋人だけじゃなかった。私の周りにはこんなにいい人がたくさんいた。


彼女はそこでやっと向き合えた。向き合って、違う方を見ることができた。


gifts_golder_wrapper_hires



辛いことがあると、忘れることに頭を使いたくなる。
だから忘れることに集中するために、それ以外のことを遠ざけようとする。
けど、それは真逆の結果を生むこともある。
頭がからっぽになるまで別の予定を詰め込む。
そうしていって人は、打ち克つための身体的な強さを蓄えて、いざ悲しんだときに耐えられるようにしているのかもしれない。



人生を、かっぽしよう
%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2LINE.001



このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事


彼女は昔の恋にすがりたいだけだった。結局 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

ケンカなんて一度もしたことない二人が別れた - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

ご存知? 付き合って2ヶ月目と13ヶ月目の危機があるんです - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

なぜ別れようとする人に、ぼくは「一度アルバム見返して」と提案するのか - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ


恋愛の記事をもっと読む

恋愛 カテゴリーの記事一覧 - 人生かっぽ — 佐藤大地のブログ

書いた人のTwitter見てみる


Facebookフォローで情報受け取る方はこちら↓


毎日複数記事アップ中。このブログをフォローする。
follow us in feedly